静岡海外交流事業協同組合 Shizuoka Overseas Exchange Business Cooperative

現地に根付いて存在感のある事業展開を目指しませんか。
静岡県内企業の海外進出(フィリピン限定)をお手伝いします。
静岡県内の地域の活性化につながる若くて順応性のある比国人実習生を厳選して斡旋します。
企業収益に貢献できる優秀な青年を静岡県内事業所に雇用していただきたい。自信があります。

海外の活力を国内に取り込み、彼らと共に海外で活路を見出しませんか。

海外となると社員の理解も含めて前に踏み出せない。
先ずはご自身の目で確認してみましょう。
<<<トピックス>>>

◎日本語のオンラインレッスン
当組合では一般の技能実習生に、日本語でのコミニケーション促進と
日本語検定4級(N4)合格を目指し
毎週月曜日と木曜日の午後7時から8時でオンラインレッスンを行っています。
技能実習生の様子も把握でき、また実習生も各社で分かれて実習する仲間に会えて楽しく進めています。
今回、N4必携の介護の実習生4名が来日するに当たり事前に介護職にあたっての心得や
介護用語や医療用語を覚えておきたい、覚えておいてもらいたいとの
双方の意向があり、6月4日(金)午後8時から9時で「かいごの にほんご」をスタートします。
毎週月曜日と金曜日の同じ時間帯でやっていきます。
来日後も日本語検定3級(N3)合格を目指し同じペースで進めてまいります。

基本は各社の業務優先ですが楽しく日本語に馴染んでもらいます。


◎地域との交流
外国人技能実習機構(OTIT)が進めています地域との交流ですがコロナの影響で
各種イベントが中止となってきましたが
いよいよ様々再開の動きがあります。
清水マリナートでの第九を歌う「歓喜の大演奏会」が12月12日(日)に本番で再開します。
また12月5日(日)には県営草薙総合体育館で静岡県綱引き大会が再開されます。
この綱引き大会には各社合同でチームを結成して参加したいと思います。
一度見たことがありますがとても楽しく盛り上がれる会です。
実習生にも経験させてあげたいし多くの方との交流も図れます。
機構の「優良な実習実施者」へのポイントにもなります。
各社ご担当のご協力をお願いしたいと思います。


<<厳しさを増す若手労働者確保の現状>>
静岡県内の中小企業を取り巻く経営環境は大きく変化しており、労働人口の減少が進む中、施工・生産・製造等に携わる人材の確保は極めて困難な状況にあります。
また人口減少に伴い国内市場の縮小、事業の先細りも懸念される所であります。
その一方で、海外に目を転じて、現地販売や現地生産拠点の新設や人材の獲得を模索し活路を見出す動きが見られています。
東南アジア等の成長が見込まれる海外各国へ進出していくには、十分な現地調査が必要不可欠です。
組合員の海外展開のニーズに沿った現地視察、海外事業計画作成に向けた市場調査及び計画策定支援、海外資材の購入斡旋を実施し、組合員が海外事業展開への可能性を見出すための様々な支援をしてまいります。
また、我が国で開発され、培われた技能、技術、知識の海外進出先への移転を図り、実習生を新設した生産拠点での就労につなげる事も見据え外国人技能実習生共同受入事業等も進めています。
海外でのスキルアップに心躍らす若者たち
自身の可能性を求め希望ある未来を夢みて前を向く若者たち。
我慢強く自身と家族の生活を賭けた頑張り屋さんたち。
明るくひたむきな彼らが企業収益と地域の活性化に貢献。
田舎の広大な土地を活かしきれていない祖国。
品種改良や機械化で大きく改革が見込める農業。
若い労働力が豊富で現地生産でコスト削減で東南アジア域内へ輸出も視野に。

仕事が出来る若い女性達、経済的に大学に行けず仕事に就けず仕事を渇望する好青年達。

  1. 先ずは日本に来て仕事を覚えて、祖国で活かす。
  2. 現地に進出して彼らを雇用する。
  3. 国内で縮小する市場も海外では域内輸出も含めて景色は変わる。
  4. 現状、華僑が活躍するが日本企業に出来ないことはない。

人口は18年に1億7百万人を超し域内トップの出生率で平均年齢24歳の若い国、フィリピン。

  1. 日本から4時間半、第二公用語が英語で全員英語が通じる国。
  2. ローマンカソリックが80%で明るく穏やかで真面目な国民性。
  3. インフラ投資に大手財閥が力を入れていてひどい渋滞の緩和を目指すが増える人口に追いつかない。やれることは多くあります。
  4. デイテルテ大統領の剛腕で汚職や治安が改善方向。